塚本幼稚園新理事長の声明文について

3/30 塚本幼稚園HPに新理事長の籠池町浪より「新理事長より皆様へ」という表明文が掲載された。

tsukamoto10001.jpg

まずは園児、保護者、そして瑞穂の國記念小学院に行く予定だった方へ謝罪の言葉から始まる。

そして教育内容について・・・・。
前理事長は教育基本法の教育目標を幼児教育の場で生かそうとしていた????
これは愛国心教育の部分をオーバー解釈していた、ということだろうか。
そして、改正前の教育基本法に準拠して今後は指導していくのだとか。
大丈夫か、これ?
しかもカリキュラムを見直して参ります。と括られているが、新年度は明後日!!
HPにはまだ教育勅語のっけたまま!

次にヘイトスピーチに関して。
まず、謝罪なし。
今から精査し、改善すべき点があれば真摯に反省するとある。
これは謝罪する気ない、ととれますな。

さらに、改善を実地とするために、
・行政当局の指導を仰ぐ
・外部検証委員会を設置する
と書かれているが、行政当局との癒着が切れてないなら全く意味がなく、
園が設置した外部検証委員会メンバーだと全く意味がない。

はたから見ると、ああ、塚本幼稚園も心を入れ替えて再出発するんだな、という印象を持つことだと思う。

しかし、籠池町波は籠池家の長女なのである。
あの、籠池家で育ってきた人間なのである。
祖父、父、母の教えが絶対として育ってきて、
「生長の家原理主義」以外知らないのである。
人生半ばで宗教に出会ったのではない。
他を知らないのであるから「目が覚める」ことは第三者の介入がなければ不可能なのである。

この表明文には三つの柱のうち、二つが欠落している。
「虐待」と「金銭トラブル」についてである。
言及されているのはヘイトスピーチに関してのみである。

なぜか。
「虐待」「金銭トラブル」に関しては現在3件訴訟進行中であるからと推測する。

このままでは、死亡事故が起きかねない。
なぜなら彼等は虐待だと認識していないから。

このままでは、新たな金銭トラブルが起きかねない。
なぜなら彼等は補助金や寄付金に頼りすぎで計画性がないから。

冷静に考えてみてほしい。
幼稚園の土地建物は差し押さえられているのだ。
園児数は減少し、小学校失敗での負債が残り、支払が滞っている状態。
同じ森友学園として一方では支払が滞り、一方では無事運営ができるというのか。

そしてこのPDFでの表明文。
その他HPの改変なし。

やる気がないにもほどがある。
常識がないにもほどがある。
本当に幼児教育をやりたいのであれば、この機会に他幼稚園で修行されてきてはいかがだろうか。

31日の大阪府大阪市の立入検査に向けて慌てて作成されたのであろう。
これを大阪府大阪市が真に受けて寛大な検査をされるのであれば、癒着は相当なものだということだろう。

すくなくとも府に対しては申入れを行っているのだから、この表明文が上述のとおり表面だけのものであることに気づくはずである。

だいたい、新年度より「理事長」とは言ってるけど「園長」になるとは公言されていない。

31日の大阪府・大阪市の対応に府民・市民として期待する。

 

 

 

広告

One thought on “塚本幼稚園新理事長の声明文について

  1. 騙されませんい 2017年3月31日 / 3:08 AM

    この声明文に嘘が無いと言うのならば、まず幼稚園のHP内容に嘘が無い様にしてから、声明文を出すべきでしょう。

    反省なんてひとつもなく、とりあえずの言い訳を言ってるだけの様に見えてならない。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中